【FF14】オーケストリオン家具の使い方

今回はオーケストリオンについてです。オーケストリオンは宿屋・ハウジング・アパルトメントでFF14の関係が深いBGMを制限なく流せる家具です。

 

そのまま放置するのはもったいないです。もちろん置いておくだけでは聴くことはできません。

 

 

部屋で聴くには

 


 

効きたい曲のオーケストリオン譜を集める必要があります。

 

オーケストリオンで再生できる楽曲はよろず屋などからギルで購入、アラガントームストーンで交換入手、ゴールドソーサーMPGで交換入手などが挙げられる。

 

その他にも蛮神から拾ったりイベントの景品とかもあり、沢山用意されています。

 

それぞれの場所で入手できます。

 

 

オーケストリオンとは

 


 

 

 

オーケストリオンとはBGMを聴くための家具でオーケストリオン譜をアイテム使用するとオーケストリオンに自動で登録される。

 

譜面は2種類あり、

アイテムを使用すると部屋ですぐさま聴くことのできるノーマルな「オーケストリオン譜」が一つ、

クラフターの製作素材である「古びた譜面」があります。

 

 

古びた譜面はこれを素材としてクラフター製作するとオーケストリオン譜が誕生する。

 

オーケストリオン譜を作成するにはダンジョンなどで貰える古びた譜面を集めればいいのです。

 

その次に製作に必要なアイテムを集めます。この古びた譜面を素材として「錬金術師」がクラフター製作する必要があります。

 

 

 

 

古びた譜面をオーケストリオン譜に作り替えるには・・・

 


 

レシピ(基本的には下記の手順となります)【木工師、錬金術師】

 

 

 

 

(木工師で製作できる「無地のオーケストリオン譜、譜面によりG1~G3まで分かれている」)

 

【無地のオーケストリオン】

     

(錬金術師のレシピで製作できる)


【~エンチャントインク】

     +

(無地のオーケストリオン譜G1、G2を使用するレシピは錬金術師レベル50のレシピです

「秘伝書含む」G1は一部レベル30で作れます、G3を使用するレシピは錬金術師レベル60のレシピ

「秘伝書含む」が必要になってくる。ここまでレベルを上げておこう。)

 

 

ダンジョンなどで集めた【古びた譜面】

 

     

 

【オーケストリオン譜】の完成

 

 

様々な古びた譜面○○という譜面がエオルゼア各地に存在するので錬金術師のレベルを上げておき直ぐに制作できるようにしておきましょう。

 

聴くことのできる楽曲を増やしていくのも楽しみになります。

 

ちなみに部屋で流れたBGMはその部屋にいるプレイヤーに例外なく(複数人)公開されますので、フレンド達と「あの曲いいよね」などの会話も増えることでしょう。

 

関連記事

初めてのマイホーム;個人宅

ハウジングを始める

 

 

 

 

 

2020年09月30日|ファイナルファンタジーXIV:ff14