ハイレゾの選択

現在の音楽は

現在音楽はネットワーク経由でダウンロードして聴くこともできる。

 

音源はCD音源と同等のものか高音質のハイレゾかを選ぶことが出来る。

 

CDみたいに毎回CDを入れ替える必要がなくPCやスマートフォンがあればコンポを購入しなくてもネットワークで音楽は聴けるようになった。

 

ネットワークでの選択肢は二つあり、ストリーミング配信とダウンロードがあります。

 

ストリーミング配信を選ぶときはネット経由で送られてくる音楽データを受信しながら聴く方法で

 

(ネットワークコンポ必要の場合あり)、

 

ダウンロードではミュージックプレイヤーやスマートフォンでダウンロードする方法になります。

 

現在ではモバイル端末を持っていればコンポは必ずしも必要ではなくなるのです。

 

デジタル音源

各社でダウンロード曲の配信サイトが普及してきており、その中でも音質が良いものとしてハイレゾ音源が注目されるようになりました。

 

CD音源とハイレゾの区別は、音のきめ細かさの物差しとしてサンプリング周波数と量子化ビット数の二つの違いがあります。

 

ハイレゾはCD音源の44.1Kヘルツ16ビットを超える高音質な音源の事を言い、日本では96Kヘルツ24ビット以上と規定されています。

 

 

音楽とはアナログ信号だと言われていましたが、一方ではデジタル音源を使うことで音質が良くなるとされます。

 

アナログをデジタル化するには音源をきめ細かい情報密度にしなければなりません。


大手サイトではハイレゾ音源が300円前後でダウンロードできます。

CD音源ページとハイレゾ音源ページで区別され、CDスペックを超えるデータをすべてハイレゾ音源といいます。

 

ハイレゾの96Kヘルツ24ビットはCDとの比較では情報量の違いが倍以上も大きいです。

 

ポータブルプレーヤーで再生する場合はハイレゾ対応のプレーヤーで音楽を再生しなければ、データ性能を十分に発揮することが出来ません。

 

各社は総力をあげてデジタル音源であるハイレゾを再生できるコンポやポータブルプレーヤーを販売しています。

 

 

配信サイト

ハイレゾ音源の配信サイトではmoraなどの配信サービスを用いることで曲を購入することが出来るようになっています。

 

スマートフォンでダウンロード可能なところも人気が高い理由の一つです。

 

私は以前からネットワークを使いダウンロードでハイレゾ音源を楽しんでいます。

 

サイトの歴史は新しく、ハイレゾ音源の配信した当初は英語表記のサイトが多く購入意欲が湧きづらかった印象ですが、

 

今では日本語表記のサイトも多くて購入しやすい環境が整ってきました。

 

配信サイトから購入しPCやHDD、NASなどに保存して聴いています。

 

このような選択をしている音楽愛好者も少なくないはずでしょう。

 

 

 

 

 

 

2020年05月09日|音楽・映像工房:音楽・映像工房