高難易度「下限アイテムレベルでの参加」とはどういったものか【ff14】

 

 

 

 

下限アイテムレベル。これはそのコンテンツに入れるぎりぎりの装備レベルに落として戦う設定のことです。

 

 

コンテンツファインダーから申請するときに蛮神戦などで「下限アイテムレベルで参加する」というのがあります。

 

 

なんか難しそうというのはわかる気がするけど一体どんなことだろうと興味を持った方もおられるかと思います。

 

 

そもそも普通にいけばその場でのいわゆる最強にあたる装備で突入するかと思いますが下限装備にするとキャラの能力が著しく下がります。

 

なので雑魚敵あいてでも油断すると全滅してしまいます。

 

それでもあえて下限で挑戦する人はチャレンジの意味合いでよくこの下限を行います。

 

実装当時の難易度を体験できる意味もあるのでやっている方は多いと思います。

 

 

メインを進めていくと強そうなボス敵が出てきたので身構えて足がすくんでいたが、実際にやってみると苦労もせずにあっという間に戦いが終わってしまったことは経験あると思います。

 

しかし下限ではまずあり得ません。

 

何もせずにおわるということはありません。

 

要はごり押しでクリアなんてことはまずないでしょう。

 

 

しっかりギミックを理解していてかつパーティーのメンバーの役割がしっかりしていないとやられてしまってクリア出来なかったりします。

 

ヒーラーは誰を回復するのか、タンクはどの敵をターゲットするのかPT内でも相談事ができて話し合ったりして、仲の良いフレやFCの仲間との絆みたいなのもできると思います。

 

ILは入れるぎりぎりの下限設定と同じIL装備を集めて持っておくと良く(マテリア装着済み)。

 

高レベル装備の下限ILシンクよりもステータスやHPもそこそこ増加した値となるので出来れば同レベル装備を集めて置きましょう。

 

高レベル装備でもコンテンツ下限設定するとシンクされます。

 

しかし指定された最低ILのコンテンツに見合った装備がなく指定レベルよりも少ないものを選択する場合、上記にも言ったように高レベル装備の下限シンクをした場合と同等またそれ以下になってしまう可能性もあるのでおさえて置きましょう。

 

 

まずは装備を保有していれば目的の下限レベルでコンテンツ参加できればいいやってな具合で思っているといいと思います。

 

装備を集めるのに高いGILを払ってまで揃えたり、製作や禁断するコストを考えるとなんでもかんでも下限で挑戦するのではなくどうしても参加したい蛮神戦で装備を集めて仲間とチャレンジなどの目的で突入するには魅力を感じるでしょう。

 

なので割合としては最初の若葉さんがガチでやるというよりも、何度もコンプリートしているベテラン勢が楽しみでするというのも一つです。

 

それとは別に、

 

①試してみたい普段とは違うジョブで挑戦して見たい人

②初見で未予習でもコンテンツに仲間と挑戦してみたい方

 

は、あえてやってみる価値はあると思います。

 

実装当時とはスキルが違うしジョブも違います。

 

また難易度自体も緩和などの変化があります。

 

 

 

ベテランさんの心得


 

若葉さんの中には戦闘が苦手の方もおられます。それを暖かく見守ることができる先輩は強く。お手伝い感覚で下限挑戦を見守ることができる先輩は強いです。

 

 

 

 

 

パッチでの変更修正


 

下限=当時の難易度ではなく、当時よりも高難易度なんてことも起こります。

 

蛮神の下限レベルが今のレベルと昔挑戦した時でIL15も違うなんてこともあります。

 

 

 

 

まとめ


 

 

ぜひ仲間と楽しむ目的でゆとりをもって挑戦してみてください。

 

いかがだったでしょうか。なんとなく下限装備での挑戦が高難易度だということがおわかりになったと思います。

 

普段とはちがったジョブ。これから増えるであろうジョブたちで改めて下限挑戦することでまた違った楽しみが増えていきます。

 

やりこみ要素が豊富に詰まったff14をともに楽しんでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年06月06日|ファイナルファンタジーXIV:ff14